So-net無料ブログ作成
検索選択

応募いただき、ありがとうございました [イベント参加]

は既に
蝉の声は日ごとに弱くなり、日が落ちるとコオロギの声が聴こえてきます。
ここ数日の涼しさは一時的なものだといいますが。
は確実に、終わろうとしていますね。

終わりといえば、ワンダーフェスティバル2012冬の参加者募集
当『一期栄華一杯酒』からWF2012冬に出品してみませんか?、というわけで、参加者を募集しておりましたが、8月20日に締め切りました

応募いただいた皆さん『ありがとうございました』。

此度は5名の方に応募いただき、うち新人さんは3名
1方、まだ定かではありませんが。
私を含めて5名か6名で参加します。
常連さんはもちろん、3名もの新人さんが参加してくださるってのは嬉しいですね。
賑やかな2卓ブースになりそうです。

さて、皆さんどのような作品を見せてくださるでしょうか。
出品予定を見るに、旬のネタで盛り上がりそうな気配。
自分とは異なる技法異なる感性によって造り出された作品が、1つのブースに集うってところが、多人数参加の醍醐味
なにせ長くフィギュアを造っているもんで、感覚が硬直しがちで…。
毎度、皆さんの作品から学び発見し、そうそう『造るって、こういうことだったね』と、再認識させていただいています。

どのような作品を見せてくださるか。
そして新人さんとの出会いも。
楽しみです。

ちなみに、私は何を出品しようか…決めあぐねています。
あと数日で当日版権モノ仮申請期限ですから、早いところ決めねばならないんですが。
たまには旬のネタに挑んでみたい気も、するような、しないような。
旬ではないネタならば、いくつか構想はあるんですけど。
考えどころです。


nice!(0)  コメント(0) 

ワンダーフェスティバル2012冬:参加者募集*締め切りました* [イベント参加]

今日から3日間、コミックマーケットが開催されていますね。
日本中、いや世界中から注目を集める、サブカルチャの祭典。
猛暑東京節電モードのビッグサイトですが、盛り上がったでしょうか。

イベントといえば、ワンダーフェスティバル2012冬
当『一期栄華一杯酒』に参加してくださる方を募集中です。
今のところ、私を含めて4名が参加予定です。
当日参加は3名ですので、このままならば1卓で申請しますが。
もう1方増えたら2卓申請いたします。
2卓となれば、定員6名ですので、あと3名参加できますよ。

8月20日まで継続募集します。
造形イベントに興味のある方、今一歩踏み出せずにいる方
こっそりと女の子フィギュアを造っては、独り悦に入っている方
造形イベントに出品してみましょう
きっと、楽しいですよ。
不明なところ/不安なところなどあれば、どうぞ気軽に、ご質問ください。

詳細は1つ前の記事をご覧ください。


nice!(0)  コメント(0) 

ワンダーフェスティバル2012冬、参加者募集*締め切りました* [イベント参加]

夏が終われば、次は
そう、ワンダーフェスティバル2012冬参加者募集です。
さぁあなたも、当『一期栄華一杯酒』のメンバーとして、ワンダーフェスティバル2012冬に参加してみませんか?。

して、ワンダーフェスティバルとは、どんなイベントなのか…。
まず、開催予定日は『2012年2月12日』、所は『千葉幕張メッセ』。

造形全般作品の展示即売会で、いつからか『キャラクターフィギュアの展示即売会』とも呼ばれています。
私のような個人ディーラによるガレージキットや、造形メーカーによる完成品フィギュアなどが、多数出品されます。

個人ディーラがアニメコミックなどに登場するキャラクタを立体化するには、版権者の許可を得なければなりません。
これは『当日版権』と呼ばれており、ワンダーフェスティバル実行委員会を介して出品申請を行い、版権者の審査を受けて、イベント開催当日に会場内で申請した個数の販売権を得るというものです。

販売権を得るには『版権使用料』も必要です。
版権者の示した条件によりますが、販売物の価格×販売個数の0%~20%+消費税です。
これは販売実績に対するものではありません
申請した価格×個数に対して版権使用料が生じ、イベント開催前に支払わねばなりません

また、当日版権には『提出物』がつきものです。
版権者が許諾条件として、商品、完成品、完成品の写真、などの提出を求めてきます。
イベント開催当日に提出せねばならず、複数の完成品提出を求められる場合もありますし、何も求められない場合もあります。
提出物を用意できないと、『一期栄華一杯酒』参加者全員が次回参加を拒否されるなどの、罰則があります。

当日版権作品の申請は、仮申請本申請の2段階で行います。
仮申請は、イベント参加申請時に行い、版権作品を出品する旨をWF実行委員会伝えるもので、期限は8月末です。

続いて本申請
期限は10月初旬です。
仮申請で申請した版権作品を形にして写真を撮影し、審査を申請します。
版権者に審査していただくものですので、何を、どのように立体化しようとしているのかが伝わるよう、形作らねばなりません。
もちろん、3Dグラフィックや絵などではなく、立体物の写真でなくては、審査してもらえません。

この時点で申請を取り下げたり、申請内容を変更することができますが。
本申請後は、取り下げも変更もできません
年末あたりから順次判明する審査結果が『許諾可』となれば、申請した販売予定価格と個数に対して、版権使用料が生じます。
求められた提出物も、開催当日までに用意せねばなりません。
権利を得るからには、義務が生じ、責任が求められる、ということです。

なお、版権キャラクタと関わり無い、自らがデザインしたオリジナル作品であれば、審査も提出物も必要ありません。

参加費用は、1卓につき通常定員2名で25000円
1卓の最大定員は3名ですが、3人目には追加料金2000円が生じます。
つまり、1卓3名参加すると、参加費は27000円です。

今回も応募者が多ければ、2卓での参加を予定していますので、6名まで参加できます。
2卓6名参加の場合は、27000円×2で54000円の参加費がかかります。

このようなイベントなんですが、いかがです?。
当『一期栄華一杯酒』のメンバーとして、参加してみませんか?。
成人向け作品(性描写/暴力描写)以外の自作造形品を出品する方であれば、経験は問いません
ただ『買い物目的』なんて方はお断りします。

造りたいキャラクタがあるっ!出品したいっ!』という方。
初めてなので…1人じゃ不安』という方などなど。
実行力と達成力のある方、8月20日までお待ちしております。

よしっ!参加するぞっ』て方は、私GOTAKにメールしていただくか。
この記事にコメントを。
メールアドレスは、当ブログ左上にあるリンク集から、一期栄華一杯酒にアクセスしていただければ、トップページに記載しております。

では、造形イベントに自作造形作品を出品したくてしょうがねぇ、そこのあなたっ!
待ってますっ!


nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。