So-net無料ブログ作成

It doesn't show signs of stopping♪ [原型製作的日常]

ソウショキ』よりも、長年愛用してきた『ソウジキ』の具合が気になる今日この頃。
皆さんの歳末は、いかが進行中ですか?。

一昨日、部屋を掃除していて気づいたんですが、掃除機のモーター音が以前と違うんですよ。
音程が変わったんです。
なんとなく低くなったような気がしまして。
もう少し高い音程だったはずなんですけど。
モーターが故障しつつあるんでしょうか。

さて、今日から3連休
天皇誕生日に続いてクリスマス・イブ、そしてクリスマスと、なにかと盛り上がりそうですね。
お子様たちは、プレゼントが気になるところでしょうか。
カップルたちは、あんな事や、こんな事が気になるところでしょう。

クリスマスといえば、愛媛の菓子メーカー『一六(イチロク)』のクリスマスケーキCMソング。
愛媛のクリスマスソング』と呼ばれているこの曲。
1979年からアレンジを重ねて今日まで使用されており、愛媛における認知度は抜群
解りやすく耳残りの良いメロディ、クリスマスケーキを待ちわびるお子様の心情を歌った詞が秀逸です。

それゆえ一六には、あのCMソングを『着うた』にしたいとの声が多数寄せられていたそうで。
熱い要望を受けて今月5日から無料配信されていると、今朝の新聞が報じておりました。

一六のCMソングが生まれた1979年といえば、その2年か3年ほど前からでしょうか、突如としてCMが歌い始めた頃です。
それまでのCMといえば、淡々と商品を説明するナレーションと映像のみ。
BGMも無いCMが多く、今では考えられないほどに静かでした。

ところが、何がきっかけだったのか解りませんが、各社競うように歌い始めたんです。
最初は違和感がありましたが、耳慣れていくうちに、いつの間にやらメロディに乗せて商品名を口ずさんでいたり。
当時お子様だった私も『く~るく~るで夏が来~るぅ♪』などと某エアコンのCMソングを口ずさんでいたら、あだなが『くーる』になったりしたものです。

そんな時代に生まれた一六のCMソング。
32年の月日が流れた今もなお親しまれています。
近年、全国放送のバラエティ番組でも紹介されるなど、絶大なるCM効果を発揮しています。
愛媛のクリスマスソング』は近い将来『日本のクリスマスソング』と呼ばれる……かもしれません。

さてさて、クリスマスといえばサンタクロース
北欧を出発したサンタさんは、真っ赤な鼻のトナカイが引くあのソリで移動中とのこと。
速度はなんとっ!音速の30倍とも40倍とも
速いです。
もうすぐ皆さんのもとにも、音速40倍の衝撃波と共に、プレゼントを抱えたサンタさんが訪れることでしょう。

されど、サンタさんを待てないっ!という方もおられましょう。
せっかちさんですね。
どうしても待てないあなたっ!。
プレゼントをサンタさん任せにできないあなたっ!。
まねきねこのひと』はいかがですか?。

はい?、流れが強引で意味が解らない?。
だってクリスマスですし、まねきねこのひとは、まだまだ絶賛発売中ですし。
年末進行の疲れ忘年会の酔いが抜けなくて冷静な判断力を失っている今こそ、まねきねこのひとの買い時ですっ!。

この機会に、是非っ!。
はぁ?まねきねこのひとって何?とか、ふらふらぁっと買ってしまいそうな方は、こちらのページへっ!

と、猫たちも申しております。
DSC_0059_01.JPG


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。