So-net無料ブログ作成

『ボンジュ~ル、フィギュア造ってくださぁいっ!』 [振り返れば依頼原型]

久しぶりにの『振り返れば依頼原型』第3段。
此度は2007年の依頼品を振り返ります。

あれは2007年3月あたり。
1通のメールが届いたんです。
なんと『フランス』にあるというメーカーから『フィギュア制作をお願いしたい』との事。
はい?フランス?
フランスって、エッフェル塔凱旋門があって、道行く人は皆フランスパンを抱えている、あのフランス?。
フランスから制作依頼??
怪しいです。
なんとなく怪しいです。
当時、他の原型師にも接触を試みていたようなので、ご存知の方もおられましょう。
そう、あのメーカーです。

しかし、幾度かやり取りを重ねてみると、どうやら本物のようで。
なんといっても熱意が凄まじい…。
日本のメーカーからは感じられない、異様なほどの熱意です。
商いとして成立するのかどうか、少々疑問でしたが。
余りあるほどの熱意でした。

依頼されたキャラクタは、某サムライチャンプルーしちゃう作品から、ブレイクダンサーよろしく、くるくる回転しながら戦うムゲンさん。
男性、特徴のある体型、無茶な戦い方。
造形対象として、かなり面白そうです。

ただ、やはりフランスにあるメーカーってのが怪しい…。
怪しいんですが、熱意は本物の様子。
依頼キャラクタも面白そうでしたので、引き受けることにしました

くるくる回転して戦っている様を再現して欲しいとの要望でしたので、ポーズを考察。
資料によれば、肩から背中を接地し、開脚しながら高速回転。
しかもその状態で刀を抜いて戦う………突き抜けた無茶っぷりです。

様々な作品を造ってきましたが。
さすがにこれほど無茶なポーズは経験はありませんでした。
それだけに、面白い…。

そして形にしたのがこれです。
ムゲンさん01.jpgムゲンさん02.jpg
ムゲンさん・タイフーンスウェル01.jpgムゲンさん・タイフーンスウェル02.jpg
ムゲンさん・パーツ展開.jpg

ね?…無茶でしょう?。
でも、面白いでしょう?。
ただでさえ無茶なのに、ムゲンさんの愛刀『タイフーンスゥエル』は、仕込みの短刀と抜刀状態を差し替えられるプレイバリューも備えています。
我ながら芸が細かいですね。

先方も気に入ってくれたようで、早速納品
報酬は香港にある本社から支払うので請求してほしい、との事。
どことなく怪しいキーワードその2『香港』が出てきました。
大丈夫か?と思いましたが、請求書を送付。
1週間後だったか、香港から請求したとおりの報酬が支払われました。
存外に怪しくない、それどころか普通の流れで仕事が終わりました。

なんだぁ、まともじゃないか、疑ってごめんよ、そう思ってました。
この時は…。

そんなわけで、次回に続きますよ。


nice!(0)  コメント(2) 

nice! 0

コメント 2

ブリッジ

あらこれって前の?何やら見覚えが…(笑)
しかし凄いポージングですね。でも作品内の
戦闘シーンがシッカリ伝わる素晴らしい作品
ですね!しかし今回も銀行での説明が大変
そうですね…(笑)
by ブリッジ (2011-06-16 12:31) 

GOTAK

コメントありがとうございます。

<ブリッジさん>
前のアレです。
両刃の刀を手に、開脚回転して戦う…常人なれば相手を斬るよりも、自分を斬る可能性が高い、ムゲンさんだからこその戦闘スタイルですね。
ただ、あまりに突き抜けたポーズゆえ、この画像だけではよく解らない、との声もいただいております。
劇中での様子を知らない方には、解りにくいポーズですね。

by GOTAK (2011-06-16 20:20) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。