So-net無料ブログ作成
検索選択

美少女フィギュアは燃えているか・その9・『海賊版、現る』 [美少女フィギュア勃興史]

久しぶりの当連載。
此度は美少女フィギュア市場の暗部、海賊版のお話です。

権利者から正式に許可を得ていない商品/作品、これが海賊版です。
正式に許可を得て製造販売された商品を、権利者の許可無く複製したものがほとんどです。
ブランド品/コンピュータソフトウェア/音楽や映像のデータ/CD/DVDなどを、違法に複製したものが多数流通していますが。
美少女フィギュアなどのキャラクタ商品も例外ではなく、多くの海賊版が流通しています。

約30年前のガレージキット黎明期から、違法複製は問題となっていました。
といっても悪意のある複製ではなく、権利認識の希薄さによるものがほとんどでした。
たとえば、高価で希少なガレージキットを入手した->友達も欲しがっている->複製してあげよう、といった具合です。
複製して販売するのではなく、欲しい人がいるから複製してあげようという仲間意識と申しますか、助け合い意識と申しますか。
自分が買った物は自分の物だから、複製して譲ったっていいよね?』程度のもんで、違法性を認識していないがゆえの行為です。
そも、当時はキャラクタモノ・ガレージキットの多くが、権利者の許可を得ておらず。
版権問題』という違法複製以前の大問題が横たわっており、権利認識はきわめて甘い時代でした。

しかし、ガレージキット市場が拡大し、当日版権制度が確立された90年代初め、事態は変化していきます。
模型店/パソコン通信/模型誌の『求む/譲る』コーナーを介するなどして、イベント限定のキャラクタモノ・ガレージキットが売買されるようになりました。
それらは希少性が高く、イベント販売価格をはるかに超える高値での取り引きも珍しくありません。
イベント当日のみの少数販売』しかもイベント開催地が大都市に限られている…この状況が、ガレージキットの2次流通を招いたのです。
そして、ガレージキットを『明確に販売目的』で違法複製する者が現れました。
海賊版』の出現です。

90年代末、事態はさらに悪化します。
インターネットが急速に普及し『ネットオークション』なるサービスが始まりました。
ネットオークションという商いを成立させるには、多くの利用者を集める必要があります。
そのため、誰でも容易に利用登録ができ、出品物の素性証明も要求せず、あらゆる利用者にとって便利なサービスとしてスタートしました。
誰でも容易に、様々な物を出品できる…ちょっと考えれば危険性は明らかですが、運営会社は利用者を集める事を優先し、自らは法的防御を固めて、責任を回避しました。

案の定、サービス開始直後から、様々な怪しい出品物に混じって、ガレージキットの出品も相次ぎました。
オークションが賑わうにつれ、組織的にガレージキットを入手し、大量に違法複製して出品する『海賊版業者』が跳梁跋扈するようになりました。
インターネットは世界中とリンクしていますので、ガレージキット市場に目をつけた『隣人たち』が乗り込んできたのです。

海賊版の出所は、韓国台湾香港中国
最初に乗り込んできたのは韓国、台湾。
今では為替レートや人件費の都合から、中国/香港が海賊版の震源地となっています。
中国/香港には『会社化』して、ネットオークションのほか海賊版を商うHPを開設し、さながらガレージキットメーカーの如く振舞っている唖然とさせる犯罪者集団もいます。
近年は、PVC完成品を分解してキット化し、違法複製した海賊版ガレージキットもあります。
日本のみならず欧米などにも、日本製のキャラクタモノ・ガレージキットを違法複製して販売しているのです。

90年代末に始まった、隣人たちによる海賊版販売。
日本でも欧米でも、韓国でも台湾でも、もちろん中国においても、著作権を侵害する違法行為なんですが。
10年以上の月日を経た今もなお事実上放置されており、拡大する一方というのは、いったいどういう事なのか。
事情を知ってか知らずか、海賊版を買い続ける日本人がいるのは、これまたどういう事なのか。

そんなわけで、次回に続きますよ。


nice!(0)  コメント(2) 

nice! 0

コメント 2

ブリッジ

Y○Hooオークション(丸した意味ね~(笑))でもまだまだ改修前のタイプが多く出てますね。塗装済み完成品とか出てますが安いからと手を出して欲しくないですね。塗装やレジンも粗悪品で購入者も後悔すると思うし海賊品の連中ともどうせ連絡つないような酷い事になるだろうし。他のキットもそうですが手に入らないからとか高いからと言って手を出す事で版権元が独自の制裁として版権を許可しないなんて事になったら更にガレージキット化されない最悪のパターンもあるので是非見つけた方は『海賊版である』事の警告を入れて欲しいですね。
by ブリッジ (2010-05-14 10:39) 

GOTAK

コメントありがとうございます。

<ブリッジさん>
草薙さんの海賊版も、いまだに売買されているようで。
改修版も出品されていますが、なぜかサングラスのパーツが欠落していて、なんともいただけません。

海賊版業者と利用者のやりとりを評価欄から追っていると、トラブルがおきて罵倒の応酬という場面に出くわします。
全員ではないでしょうが、その内容から明らかに『海賊版だと解って買っている』者もいますね。
海賊版だと知っていて手を出してしまう者もまた、著作権者の権利を侵しているってことを、知ってほしいですね。

なんにしても、様々な違法品が売買され、これまでにも度々刑事事件の舞台となったネットオークション。
犯罪に利用されやすいシステムだってのは明らか。
されど、個人認証を強化したり、出品物の素性証明を出品者に義務付けるなど、悪用されないようシステムを強化する術はいくらでもあるはず。
もっとも、そんな事をすりゃ利用者は激減するでしょうから、運営会社、とくにあのヤフーが自発的に取り組むはずがなく。
だからこそ、監督している総務省が指導すべきだと思うんですが。
ほったらかしてる理由が、さっぱり解りません。

by GOTAK (2010-05-14 20:22) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。