So-net無料ブログ作成

美少女フィギュアは燃えているか・その5・『ガレージキット、その魅力』 [美少女フィギュア勃興史]

時は90年代初頭。
ワンダーフェスティバルに当日版権制度が導入され、版権問題が一応の落としどころを見つけた頃。
自由に造形できなくなったものの、ガレージキット市場はさらに拡大。
とりわけ、女の子フィギュアに対する認知は、模型ファンのみならず、キャラクタファンに波及
ガレージキットを欲する『お客様』は、急速に増えつつありました。

当時、ワンダーフェスティバルに出品されていたガレージキットは、どのような品質だったのか…。
メーカー品はともかくとして、個人生産品となると、昨今の高度なキットとは比較にならない低品質です。
もちろん、技量に余裕のある造り手は、高い品質でまとめていましたが、多くは『ガレージ感溢れるキット』ばかり。
合わせ目に『段差』、厚さ1mmほどの『バリ』、末端や頂点部に『気泡』、あまり役に立たない『説明書』。
組み立てに高い加工技術と根気を要する立体パズルです。

そんなガレージキットなのに、なぜ、欲する人が増えていったのか??…。
考えてみれば、不思議な話です。
決して安くはない手間のかかる立体パズルなのに、対価を払うに値すると思わせる、その魅力とは?。

版権モノであれば、まずは『キャラクタの魅力』。
加えて、少数生産/少数販売の希少性
大量生産/大量販売を目的としないため、独創的な造形表現でまとめた作品が多い。
ちょっと怖いくらい』造り手の『』が感じられる…などなど。
これらの要素が複合し、ガレージキットの魅力を形成しています。

魅力あるガレージキットを前にして、買い手は共感したり驚嘆したり。
熟練職人の手による、精緻な伝統工芸品を前にしたときに覚える、あの感覚に近いでしょう。
そして、作品から感じ取った魅力の総量と、値札に記された価格を比べて、対価を払うに値するか否かを決めるのです。

これは『対話』であるといえましょう。
執念情念思念を込めた作品をお客様に示す造り手と、作品の魅力を読み取る買い手
そのとき造り手と買い手は、作品という共通語を駆使して『言葉無き対話』をしているのです。


一方で、ガレージキットを産み出す造り手も、市場の拡大と共に増えていきました
ワンダーフェスティバルなどのガレージキット展示即売イベントの存在が、大きな目標となったからです。
ガレージキット展示即売イベントは、造り手に作品を発表する場を与え、作品を『対価を払うか否か』という形で評価してもらう場を与えました。

イベントに出品し、もし、自分の作品を買ってもらえるならば、この上ない評価です。
買ってもらえないならば…自分の作品には何かが足りないのです。
お客様は対価を払うか否かを見極めるのですから、作品を見る目は厳しく、優しいものではありません。
厳しい目で評価してもらい、その上で『買ってもらえるのなら』…。
だからこそ、様々な困難を乗り越えて作品を造り上げ、あの場を目指すのです。

こうしている今も、数多の造り手たちが『』を目指して困難な作業に挑んでいます。
あの場に立ち、作品を通じて買い手と対話するために。

造り手にとってのガレージキットの魅力とは…この『対話』なのかもしれませんね。

…もちろん次回へ続きますよ。

 


nice!(0)  コメント(10) 

nice! 0

コメント 10

ブリッジ

対話か~難しい…(汗)
独り言で作業を進める自分としては心が痛い限りです(汗)
もう少し修正頑張ってみます。

猫の件ですが複数の方で捜索してますよ(笑)
日課化してます(笑)
by ブリッジ (2009-10-03 00:13) 

GOTAK

コメントありがとうございます。


<ブリッジさん>
版権キャラクタ作品を用いて対話するってのも、いろんな形がありますね。

1・『皆こういうの好きだろ?、解ってるぜぇ話をしてけって』型
購買層が食いつきやすい形に徹した作品です。
キャラクタを選ばない『あざとい』造りともいえます。

2・『やっぱりこうだよね?お話しよ、ね?ね?』型
劇中での決めポーズや、印象的なシーンを想起させる作品です。
『定番』であるがゆえに、造形技術の巧拙が対話の成立に大きく影響します。

3・『こんな感じどぉよ?ちょっと話してみる?』型
劇中での様子を掘り下げて、さらに印象を膨らませ、キャラクタ像を的確かつ独特な方向から捉えた作品です。
程よく造り手の個性を感じさせ、かつキャラクタ性を活かした造り。
ただし、造形技術の巧拙に加えて、演出センスが問われますので、ツボを外すと対話が成立しません。

4・『△□×・%%!!』型
もうキャラクタがどうとか、そういう次元ではなくて、圧倒的な才をもって突っ走った作品です。
通じようが通じまいが『自分の言語』でまくし立てる、とにかく『すんごい造り』。
いろんな意味で凄すぎて対話は成立しにくいですが、圧倒的な個性は魅力です。

…とまぁ、いろんな形があります。
さて、ブリッジさんが目指す『対話の形』は??。

あの迷子猫を組織的に捜索中ですか。
迷子になって1ヶ月、どこかで元気にしてると良いんですけどね。

by GOTAK (2009-10-04 11:23) 

冨樫

 お久しぶりです、冨樫です。
なにやら本家から掲示板が消えたようで少々驚いております。

 さてさてガレージキットの歴史大変興味深く読ませていただきました。
といいますのも、俺が原型を作り始めたのがマサに今回出てきた流れの
後半に位置するからです。

 暫く造型はやっていなかったんですが、最近一年ほど前に型出ししていた
半身像を進めています。 これは殆どオリジナルなので、今商業主義になったと
言われているイベントでも売り上げは全く期待できない趣味の代物です。

 ただ、プロのみならず素人が多く参加するイベントですから、採算度外視で
誰も知らないキャラクターが見受けられてもそれはそれでイベントの味では
ないかと考えています。 女子フィギュアを「男前」に造ってしまうGOTAKさんも
ある意味コチラ側の人間かもしれません。 少佐かっこいいです><b
・・・ってかドワーフすげええ! 思い切ったチョイスですね^^


 ところで半身像とはいえ大きさは過去最大となりました(笑
GOTAKさんが紹介されているウチのHPの紹介文に対しても全く恥じない
カタチに仕上がってきたとニヤニヤしておりますw

 そういった意味でコチラの対話方法は4に当たりましょうか。
とにかく自身の欲望やら執念やら情念やらいろんなイヤーな念が
塗り込められた原型です。

 「そうか、キミもこれにエロを感じるか。では買え」

みたいな(笑

 でも理想は3だったりします。
 何しろ同人ですから!



by 冨樫 (2009-10-05 07:01) 

九州在住

 何だか、少し分かる気がします。
オリジナルでも、メッチャいい、これ欲しいよぉって思うものはありますが、
そういうものに限って、通販してなかったり、もちろんオークションなども出ないという状況で。イベントは、全く行けないので、手には入らず。
 個人的には2と3と4がいいです。 
 
 新作のドワーフ期待してます。
では。
by 九州在住 (2009-10-05 22:24) 

GOTAK

コメントありがとうございます。


<富樫さん>
久しいですね。
時折HPを拝見しておりましたが、日記が止まって1年。
オンラインゲームと鉄道模型の人になってしまったのか…。
嗚呼もう2度と、あの巨大なファンドの塊を見られないのか。
…などと半ば『富樫さんは星になった』状態だったんですが。
再び造形意欲がわいてきたようですね。

近頃のガレージキットは、様子が変わりましたね。
ガレージでありながら、どうもガレージでないような。
造り手も買い手も成熟したがゆえってことなんでしょうけど、何か忘れているような。
そんなわけで、ドワーフを造ろうかと。

そこいくと富樫さんの造形は『ガレージ感』を忘れていないですね。
版権キャラクタであっても、すっかり富樫さんの絵になっているという消化具合。
『造りたい様に造るよ、だって俺の作品だもの』といった至極当たり前の主張が感じられ、小気味良いです。

そして久しぶりの造形作品が『半身像でありながら過去最大サイズ』って…。
見る者をまずは大きさで圧倒し、唖然としている間に『富樫語』でまくし立てる、そんな作品になりそうですね。
楽しみです。
私もきっと、唖然とします。

ちなみに私も理想は3番型です。
そのためか、よく外します。


<九州在住さん>
良いなぁ、と感じさせる作品ほど、出会いの場は限られていますね。
次回冬のWFには出張る、との事でしたから、会場の隅々まで散策し、出会いを探してください。

2番3番4番が良いですか。
近頃のイベント会場では、4番は数少ないですが、2番はけっこう多いですよ。
3番は4番よりは多いですが、成功している作品は少ないですね。

ドワーフは多分、3番型の作品ですが。
当たり外れの大きな3番型で、しかも『小太りおっさんフィギュア』ですから。
5%くらいの期待度でお願いします。

そうそう『猛烈な』台風が接近中ですね。
ここ愛媛も危うそうだってんで、庭木と外壁と雨樋に暴風対策を施しました。
されど、あの勢力のまま直撃したら大変な事になりそうです。
九州在住さんも気をつけて。

by GOTAK (2009-10-06 00:56) 

冨樫

 いやー、さすがに一年放置で温厚なウチの代表もブチ切れそうなんです^^;
近年本業が結構ヤバくてガレキとか言ってる場合じゃなくなっていましたが、
今少し落ち着いてきたので再開いたしました。 大丈夫です。 まだまだ
お星様にはなりませんから。

 でで、語弊があったようなので追記します。
過去最大とはいっても全高とかの話ではありませんであくまでスケールです。
今回はフトモモ中ほどでぶった切った格好の立像ですが、なーに、
その状態で高さがたかだか30センチ程度ですから(笑
マネキン並のヤツを想像されていたらすいませんでした^^;

>ドワーフ
 なるほどそうした反逆精神溢れるチョイスでしたか。
武士は喰わねど何とやらですね。 凄く良く分かります><b

「次は何が売れるかなあ・・・」と頭を悩ませてる人は同人誌でも多いですが、
本来趣味の筈なのにご苦労様なこってす。 こちとら造型では売れなくて
当たり前のド素人ですからね。 失うものなど何もないのです><b

>冨樫絵
 になっちゃってる時点で消化と呼べるかどうか分かりかねますが^^;
元から人様の造型を大人しく模すのが得意な性格なら漫画家なんざ
やっておりませんってな具合でして要は完全な確信犯ですw

 しかし自分でも驚く位自分の絵が出ますね~。
 最初は自分で爆笑しました(笑


>九州在住さま
 以前知り合いに、「例えキャラの設定を知らなくても造型がよければ買う」
と言ったら、「それはキャラクターや作り手に対する冒涜だ」と返された事が
ありました。

 そこで「では、原型師が自らの純粋な造型技術のみを問うために世に出す
オリジナルは誰が買うのかね?」と返したら相手は言葉を詰まらせていました。

 とかく置き去りにされがちなオリジナルですが、九州在住さんの様に
自身の目を信じて造型を見る目は今や大変に貴重です。 そういった方にこそ
買っていただきたいものなのですが・・・

 いつか会場でお会いしたいものです^^


 

by 冨樫 (2009-10-06 06:44) 

九州在住

 お返事ありがとうございます。

 すばらしいものはオリジナルでも、欲しい。絶対に。と、思わせて下さいますよ。
実際に買えたことはありません。何せ出会いが少ないですし。
 私はアニメを見たことがありませんが、あまりの出来にフィギュアを購入
しようと思ったことはいくらでもあります。

by 九州在住 (2009-10-06 22:21) 

GOTAK

コメントありがとうございます。


<富樫さん>
なるほど、以前にも太腿あたりからの半身像を造ってましたよね。
あんな様子の、力作ってことなんですね。
しかも『富樫絵』で。

ドワーフは…前々から、そういう方向へ走ってみたかったってのと。
此度から当日版権モノの申請が5件に制限されたのも、選択の後押しとなりました。
次回WFには大人数での参加を予定していますので、版権モノを出すなら、私よりも新人さんらが出したほうが弾みがつきましょうから。
そんなわけで、オリジナル・ドワーフです。
もちろん、作業はちっとも進んでません。

売れ筋を追いかけるのも、人それぞれってことで良いとは思うんですが。
技量はあるのに、売り易い形でまとめちまってるのを見ると、勿体無いような気がしますね。
ガレージキットは、オリジナルは無論のこと、当日版権であっても、ある程度『自由な表現』が許されていますので。
そこんところに技量を活かし、もっと遊んでほしいなぁと。
時々、そんな風に感じる作品と出会いますね。


<九州在住さん>
造形に惹かれる、という方。
近頃増えてるんですよ。
私の作品もよく『キャラクタ知らないけど買った』と云われます。
『男前な顔が良い』とも。
……いや、これは造形に惹かれたのではなく、男前が好きなお客様かもしれないですね。

さておき、是非ともこの冬は、良い作品と出会ってください。

by GOTAK (2009-10-06 23:43) 

九州在住

私は、おそらく女子なのですが世に言うハーレム物?も割と好きなんですよ。(一人の男を取り合って、女の子がワラワラと。エロゲはしませんけれど)
 多分変わっているのは変わっているのでしょうけど。

 GOTAKさんの男前な作風は好きです。草薙素子の中では(そんなに多くは見ていないのですが)、一番好きですよ。
リンクの画像のレイも相当好きです。

はい。頑張ってみます。

では。

by 九州在住 (2009-10-07 21:56) 

GOTAK

コメントありがとうございます。


<九州在住さん>
少年漫画が好きという女の子も多いですからね。
ハーレム物が好きな『おそらく女子』がいても、なんら不思議ではありません。

ちなみに私が中学生だった頃、部屋に多数の女の子フィギュアが居並んでいたため『ハーレム』と呼ばれていました。

草薙さんだけではなく、綾波さんも好きですか。
嬉しいですね。
ありがとうございます。

by GOTAK (2009-10-09 00:26) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。